農園ブログ

自然米(無農薬米と自然栽培米)の健幸一番 楽らく農園 »  農園ブログ

経営者協議会総会

[2019/06/19]

皆さん‼ おはようございます^^。

 天草もどうやら梅雨入りしたような?・・そんなお天気になってきました。

この梅雨時期は紫陽花がひときわ綺麗に咲きほこるのですが、お天気が続いていた

のでそれほど感じることがありませんでした~^^。

やっぱりこの時期の季節の花は紫陽花ですね^^。

 さて昨日は、私が所属する天草経営者協議会の令和元年度の総会でした。

会員は16名、指導農業士や熊本県農業コンクールで入賞した人で形成されています。

私の場合は指導農業士で長年農業高校の生徒さんを現場実習で受け容れてきました。

しかし今は、その農業高校も生徒が少なくなり閉校になり数年が経ちました。

 その中で、後継者として残り活躍している人もいて頼もしい限りです。

・・が、一般にはその他の仕事につかれている方々が極めて多く、農業の後継者は少

なくなってきています。

 国では、スマート農業などといってITを駆使したスマート農業として推進してい

ますが、天草などの段々畑では導入は難しいでしょう。

 工業製品輸出の見返りに農産物の輸入はより拡大され自給率は下がる一方、加えて

輸入農産物の残留農薬基準値は緩和されるという・・より身体に良くない食品がお店

に所狭しと並ぶことになり、自然農法家としては残念でなりません。

 23日の日曜日には、また東京出張ですがお客様ご家族とお会いすることになって

います。今の食の現状を少しでもお伝えできたらと思っているところです。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

        約束は必ず守る

 だらしない人は、その人の周囲が、その人の心の通りに

だらしなく動いてゆく。

 それで所々穴のあるままの網をうつごとく、またここか

しこに石をぬいた石垣のように、その事業は、形は花やか

に見えても、何かにつまずいたらガラリと崩れてしまう。

 約束を守らぬような人は、常にそれだけのマイナスの返礼

を受けていると思わねばならぬ。約束を破る者は、人の幸せ

を奪うと同時に己の福を捨てるものである。

 約束は、必ず守る、守れると決心のつくこと以外はしては

ならぬ。

 

 * 今日の道しるべ

 

       できるまでやめない

        それが成功の秘訣

 

            志なかばで諦めていないか。

 

            一歩一歩は僅かでも、目標は近づく。

 

            コツコツと歩むのが人生の骨。

 

    ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

 

 

父の日

[2019/06/16]

皆さん!おはようございます^^。

 昨日、子供たちからプレゼントが届き、何かなと思ったら今日が父の日だそう

です。

母の日に影を潜めている父の日を爺さまは忘れていました~^^。

 どっちかというと忘れられた存在でもあるのかもしれませんが?・・^^。

ところが経済援助では父が主役になってきます・・この時だけは^^。

 自らを振り返ってみても、やっぱり「母ちゃん・かあちゃん!」でしたね~。

母なる大地・・というように、しっかりとした大地の上に家族を乗せ、みんなを支

えているのが母なんでしょうね。

 父の日とはいえ、家族の主役は「お母さん!」です。

そのお母さんが日々笑顔でいられるように努めていくのが父の役目でしょうか^^。

父の日の今日、ここにいる爺さまもその役目をしっかりと・・^^。

 さあ!・・今日は父の日。昨日友人からいただいた泡盛をスコ~シいただくこと

にするか~^^。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

        相手に合わせる

 和合一致は、人の望むところ。排撃闘争は、人の好まぬところ。

にもかかわらず、憎しみ、争いの絶える時がない。

 これはどこから来るのであろうか。

逆になっているからである。和するということは、自分がその環境

の中に入り、自分が相手に向かって、進んでなごむ、むつむ、心を

やわらげる、行ないを合わせるのである。

 和合のただ一つの秘法は、自分から進んで相手に会わすことである。

また向うのそうなるまで、じっと待っている。ここに人生は、必ず争

いを知らぬ平和の世と変わってくる。

 

 * 今日の道しるべ

 

      病気は感謝すべき

          生命活動

 

           発熱も痛みも、理由があって起こる。

 

           「ありがたい」と受け止め、

 

           身も心も正そう。

 

    ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

 

 

 

友人の他界

[2019/06/14]

おはようございます^^。

 環境保全型農業技術研究会、この会を立ち上げる発起人の主役だった友人が74

歳で他界しました。残念ですが致し方のないことで早かれ遅かれ皆が通る道です。

 研究会の会長、片野学教授が亡くなって数年後の逝去でした。

何れも癌の病です・・。

 どう考えても現在、日本の食環境には目を覆いたくなります。・・が、免疫の低

い人やその遺伝子を持ち合わせている人は対象になるのかもしれません。

 そこを脱するのは?・・日常生活の中での生活習慣を整えていかなければなりま

せん。

 一番目は「食」ですから、店頭に並んでいる食品の良し悪しを見極め、購入する。

それが出来なければ、自から自然栽培で作る・・これが最高ですね。

 これはエネルギーの高い水を使う事で食べて健康になる農産物ができますから。

ご希望の方は、一度天草の農園に遊びにおいで下さい^^。

・・今は、再生したコアマモが日に日に広がりを見せていますョ^^。

地球も人間も元氣になれる、そんな日暮しをしたいものです。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

       孝の道

 どんな境遇の人でも親によって成長しないものはない。

にもかかわらず、最も低いレベルにあるのもまた、親に対

する孝の道であろう。

 或る者は大変親に世話になっていると考え、他の者は親

はカタキでこそあれ、けっして恩人ではないという。

 はたして親の子に対する仕打ちには、甲乙があるものだ

ろうか。私はただその親より受けためぐみを「知らぬだけだ」

と断言する。皆それぞれに全をつくして、子を思っている。

 これを、分量や期間や貧富などで区別すべきではない。

 

 * 今日の道しるべ

 

      明るい人のもとに

       人も物も集まる

 

           蝶が花に止まるように、

 

           明朗が、幾多の出会いを呼び込み、

 

           幸運をも引き寄せる。

 

     ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

              健幸一番楽らく農園

 

 

pagetop