農園ブログ

自然米(無農薬米と自然栽培米)の健幸一番 楽らく農園 »  2022年度

2022年度

温暖化の影響

[ 2022/08/09 ]

ご縁を頂いている皆さん! おはようございます^^。

 近年、温暖化とともに年々暑くなってきているように感じます。

今年は特に暑く、先にお知らせしましたが軒下39.2℃という、ここでは最高気温を

記録しました。

そんな異常高温の中で育ったお米は玄米すりをして分かったのですが、乳白米が多く出ると

いう影響を受けていました。

これは玄米すりの時点で2台の色彩選別機にかけ、乳白米は取り除いてはいるのですが、

やや残っています。それを精米所では石抜きをしここでも色彩選別機を2回通してやっと

出来上がりです。

それでも乳白米をすべて取り除くことは不可能で少し乳白米が入っています。

ご了承くださいませ。

ただ、エネルギーだけは昨年同様に高くゼロバランス(薬草と同じ)で最高になっていま

すので安心して食べることができ、さっぱりとした味わいです。

今後ますます気温は上がるであろうと思われますので、今年試作を始めた温暖化に適合して

いるなつほのか改め「すこやか」の収穫を楽しみにしているところです。

収穫を終えましたらまたお知らせいたします。

これからお分けするコシヒカリについては新米になります。

この気象変動による温暖化の影響を受けたお米を味わっていただければ幸いです^^。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です。

       競争相手は自分自身

 人に負けまい、劣るまい、とする心こそ向上の推進力でしょう。

それではだれと競争したらよいか。一番手近い競争の友を申し上

げましょう。ほかでもありません。自分自身なのです。

 今朝の自分であり、昨日の自分であり、一カ月前の自分、一年

前の己自身なのです。

 日々反省し、月々自省して、負けてなるものかと、まっしぐら

に進んで行きましょう。こうした反省と努力とをもった勉強を一

カ月続けてごらんなさい、一年続けてごらんなさい、数年間継続

してごらんなさい。我ながらその進歩に驚くでしょう。

 

 *今日の道しるべ

 

    田を喜ばすと稲がよく育つ

 

         よく耕された田畑で、苗は

 

         ぐんぐん伸びる。 整備された

 

         環境で、人も才能を発揮する。

 

    ・・・きょうも皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

ただ今収穫中

[ 2022/08/04 ]

ご縁を頂いている皆さん! おはようございます^^。

 先日お知らせしたように軒下39.2℃という暑さの中、ただ今収穫中です^^。

いやいや・・それにしても暑い日が続きます。

北の方では、とんでもない大雨! この気象変動にはついていけそうにもありません。

収穫し籾摺りをしてみると、この温暖化で、やはり乳白米が多くなってきています。

今後どう取り組んでいくか? 大きな課題です。

 今年は11年生と、21年生のコンバインをしっかり整備して使っていたのですが、21年生

の交換部品がないということで、新規に後継者を導入しました。

農園としては、個人への補助がなくなった今、すべて自費の出費は経営的にはきついのですが、

導入していて正解でした~^^。

21年生は、オイル漏れでドッグ入りとなり、11年生はこぎ胴に穴が開き、修理へ・・。

 新規に導入したおかげで、刈り取りに支障なく作業を進めることができています^^。

皆さんに新米をお分けできるのは10日過ぎ、お盆前くらいには?・・と考えています。

今しばらくお待ちください!

今年も暑さで多少乳白米は出ていますけど、この田んぼを診てくださいお米自体は最高の

内容です^^。

さあ今日も受託の刈り取りから始まります。

この暑さに負けないで顔晴りま~~す^^。

皆さんもどうぞくれぐれもご自愛くださ~い!

 

 では、「幸せになるための一日一話」です。

        新世の柱石となれ

 青年だけが、汚れない耳をもっている、正しい目がある。

欲得をはなれて物を見、事にあたれば、きっとその善悪、

正邪がはっきりわかるであろう。

 もし分からぬならば、君の信ずる先輩に聞け、たよりに

なる人に相談せよ。納得ゆくまで研究し、取り調べ、論じ

合って、いよいよ良いとなったら、断固として行え、テコ

でも動くな。押しておして、押しまくれ。やってやって、

やりぬけ。

 かくて青年は、革新の原動力となり、新世の柱石となる

のである。

 

 *今日の道しるべ

 

    仕事があることは幸福である

 

         やるべきことが待っている喜びは、

 

         何物にも代えがたい。

 

         真心を傾けて、働き抜こう。

 

    ・・・きょうも皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

 

    

刈り取り始まる

[ 2022/07/31 ]

ご縁を頂いている皆さん! おはようございます^^。

 やはり気温が高くなっている影響で、水稲の生育も早くなってきているようです。

農園では、いよいよ受託の刈り取りから農園の田んぼも早い所の刈り取りを始めました^^。

 

 これまで農園の田んぼは7月に刈り取りを始めたことはなく、一番早い刈り取りに

なりました。

県の要望で、コシヒカリの試験栽培を始めたのが昭和53年(1978年)から54年

(1979年)、一般の農家が栽培を始めたのは昭和55年(1980年)からです。

その頃は早くても刈り取りはじめは8月12日頃でした。

 それからすると10日あまりも刈り取りが早くなってきているということです。

よって温暖化は着実に進んできています。

このまま温暖化が進んでくると、農園で最初に栽培できなくなるのがササニシキ、その次が

コシヒカリになります。

一番長く温暖化に対応でき栽培できるのが今年から本格的に栽培を始めた、なつほのか農園

名は改め「すこやか」です。

この気温上昇ではいろいろな作物に影響を与えていて栽培も難しくなってくることでしょう。

それぞれ品種改良から栽培方法の転換等など求められてきているようです。

・・が、ご安心ください! どんな時代になっても「食して頂く皆様がよりお元氣に!」

って頂ける食べ物ををお届けできるように精進してまいります。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です。

       チャンスは目の前に

 生命の磨き、手入れ、これが教育であるのに、どこに目標がない

というのか、生命の拡大と、完成とが人の生活であるのに、どこに

いったい不満があっておもしろくないのか、何に不明があってうち

ふさいでいるのか。

 日々刻々の我が仕事こそ、その独自の個性をあらわし自己を実現

する唯一無上のチャンスではないか。

 どこにウロウロせねばならぬことがある、何に思い迷うところが

あるのか。

 

 *今日の道しるべ

 

    心に思えば言い、

     胸に悟れば行う

 

         思ったことを、あっさり口にし、

 

         ハッと気づけば、サッと行う。

 

         それが人生好転のコツ。

 

    ・・・きょうも皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

pagetop