農園ブログ

自然米(無農薬米と自然栽培米)の健幸一番 楽らく農園 »  未分類

未分類

畦草払い

[ 2019/07/26 ]

おはようございます^^。

 天草も梅雨明け間近になってきたようです^^。

農園では、イノシシさんが出没する田んぼが年々増えてきて、電柵の資財が足りなく

なってきました。現在発電機が9台、それでも足りなくて、後2台注文しているとこ

ろです。・・・と、昨日、朝ブログ書きをしていたところへ姉様から電話あり、義兄

が亡くなったとのこと、一年近く前に脳梗塞で倒れた義兄でしたが、力尽き旅立ちを

しました。

 義兄は、健康にはかなり注意をしており、テレビのコマーシャルを見ていては健康

に良いとされるサプリメントを沢山買い求め飲んでいたようです。倒れた時、見舞い

に行ったのですが姉に言われそのサプリメントの水質バランスを診てみたら、驚きで

した。マイナス25とか28とか?私から診たら毒を飲んでいるようなものでした。

 このマイナスのサプリメントを飲んで、悪くなっても良くなろうはずもない!

・・という物です。コマーシャルでは、さも良さそうに言いますが、(もちろん中に

は良いものもあります)良くないものが大半を占めています。

 その善し悪しを診る能力がこれからますます必要になってくるでしょう!・・それ

は残留農薬基準値の引き下げで、これまでより悪い食品が増えて来るからです。

 その見極め方・・いちばん簡単な方法は「オーリングテスト」しっかり数値まで診

れるのはシンカーテスト、天草までおいでの節はお立ち寄りください伝授します。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

        学びの道

 弟子の師に対する「情」は、絶対敬慕、尊崇無雑の絶対随順、

その「義」は血縁の父子をも超えて、親子以上の親子、いのち

の契りの上に立つものであった。

 弟子がその師に絶対順従するが故に、その師のもつ有りとあ

らゆるもの一切を、受ける、自ずからにして得る。

 学道の要は、ただ己を虚しくするにある。師を仰ぎ尊ぶにある。

その学芸を技能を習熟するに、身命を忘れるにある。学道のため

に、己をかえりみぬにある、名利をはなれるにある。

 

 * 今日の道しるべ

 

     遠慮は上品な強情

 

         謙遜し過ぎていないだろうか。

 

         厚意の申し出は、スナオに受け入れよう。

 

         相手に喜ばれると、自分も嬉しい。

 

    ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

       (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

             健幸一番楽らく農園

 

 

田んぼ荒起こし

[ 2019/03/22 ]

おはようございます^^。

 あちこちで桜の開花のお知らせが聞かれるようになってきました。

天草でも山桜が咲き始めています。庭先のソメイヨシノはまだのようです。

以前は新一年生の入学式の頃が丁度満開を迎えていたのですが、気温も上がりかなり

早く咲き始めるようになりました。

 さて、そのようななか農園では田んぼの荒ぐれの耕転が始まりました~^^。

  この荒ぐれ耕転が終われば中代、そして来月に入ると田植え2日前には植え代です。

昨日は爺さま用のトラクターに不具合発生です・・。

今年から2代目用に中古のトラクターを導入しましたので、奥方と2代目に荒ぐれの

作業をしてもらいます。私はトラクター修理です^^。

爺さま自身の身体も修理をしながら今日も顔晴りま~~す^^。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

        マザー・ランド

 水はどんなによごれても、流れるとき、きれいになる。

その水を到るところに自由に流したたえて大きく抱きしめているのは、

大地である。大地には多くの植物がのび茂っている。その間に、いろ

いろの動物を自由に住まわせている。その中に人類が割り込んで荒ら

しに荒らしている。

 それでもこの大地は、一言のこごとも言わず、五穀をみのらせ、果

実をならせ、万物をはぐくんでくれる。まことにマザー・ランド(大

地の母)これほど徹底したスナオさがあるであろうか。すべてを受け

いれる、これが自然の相である。

 

 *今日の道しるべ

 

     心に思えば言い、

      胸に悟れば行なう

 

          思ったことを、あっさり口にし、

 

          ハッと気づけば、サッと行なう。

 

          それが人生好転のコツ。

 

     ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

        (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

              健幸一番楽らく農園

 

 

 

 

 

お元氣ですか~^^。

[ 2018/05/02 ]

皆さん!おはようございます^^。

 早いもので早期の田植えの季節も終わり5月に入りました~^^。

昨日の午後から五月晴れではなく天草は、雨になっています。

 恵みの雨で~~す^^。

農園の田植えも早期分を機械植えから手植えの補植作業まで無事終えました。

これからは、一部の田んぼでは除草機押しが始まり、畦畔の草かりからタニシさんの活躍

に目を配りながら苗の食害を受けないように水の出し入れの作業も大事になってきます。

田植えを終えてから、この1ヶ月の管理作業が一番難しい時期になります。

 新規就農した2代目が、今年で5年生になりますが、管理作業も行き届くようになってき

ました^^。安心して任せられそうです^^。

 農作物全般にそうですが、天候気候に大きく左右されますのでこれまで通りの管理作業を

すれば良いというわけにはいきません。・・よって、その年の自然環境にあった管理作業が

求められます。・・簡単なようですがなかなか思う通りにいかないのが現状です。

ですが、農園では環境回復型自然農法の取り組みのお蔭で、実ったお米自体は間違いなく最

高のお米が生産できるようになりました。・・すべてに心より感謝です^^。

 さあ!今日は苗箱の整理等々・・変わらず顔晴りま~す^^。

 

 では、「幸せになるための一日一話」です^^。

       薫 風

 郊外に出てみると、もうすっかり新緑だ、初夏だ。

世はまっくら闇であるが、自然の、何という美しさだろう。

何百年、何千年前の、そのままの草・木・鳥の声、人がどう変わろうと、

少しも変わらぬ、動かぬ。

  昔のままの初夏のさみどり。

 我が森には今、若葉楓のそよぎの下かげに、山吹が咲いている。

かぼちゃの苗ものびた。ないものをたべようとするから、書がかけぬ。

あるものをたべる、そこに食べ物は無限である。

 この心で、ゆうゆうと筆をとろう。

毎日、毎日、明日も明後日も・・・・。

 

 * 今日の道しるべ

 

     跡始末は、次の出発点

 

        立つ鳥跡を濁さず。一つの仕事が終わったら、

 

        感謝して片づける、清掃する、速やかに

 

        礼状を書く。それが次への準備となる。

 

   ・・・今日も皆さんに何か良いことがありますように!・・・

 

      (あなたの健幸から地球環境善循環へ向けて!)

            健幸一番楽らく農園

 

 

 

 

 

 

pagetop